nazoK的な仮説~物質隙間と意識エネルギー移動

consious


使う人の身体のバランスを整え、本来の(身体のもつ)正常な働きを引き出すペンダントです。
具体的には、人間の発する意識(意図・こうなりたいというイメージ)をペンダントから発するエネルギーが押し上げるフォロー効果があります。
更に、サークルペンダントの素材には、チャクラに対応したストーンカラーがあり、本来の(身体のもつ)正常な働きを引き出すバランス調整効果が期待できます。

そのため、「体調が良くなった」「心と体が安定してきた」「やる気が出てきた」「願いが叶いやすくなった」などの報告をいただいています。

nazoK仮説ですが、身体を形成している物質と水は、原子核の周りの空間を、微小な電子が高スピードで旋回している状態であり、空気体よりも多くの物質が強く結びついています。微細な感覚でとらえて見ると、隙間だらけとも言えます。

その電子が飛び回っている隙間の中を占める割合の違いが、精神的な振動エネルギー(体質や性格など)の差として表現されていると考えられます。

つまり 人間→細胞→分子→原子→→→素粒子>意識=イメージ

人はこの意識によって、隙間だらけの空間から、物質的意識がテレパシーのように放たれ、他の物質へと入り込むのではと考えます。入り込んできた物質は、送られた物質→意図(電子&素粒子>意識)によって何らかの変化をもたらすのだと思われます。

重い病気と闘っている方が、波動の高い場所で、笑顔を絶やさないうに意識すると、改善へと向かうといったデーターがあることからも、この「意図=イメージ」を使うことで、身体にも影響を及ぼすと考えられます。

ペンダントに願いを込めるのではなく、ご自身の協力者として、身に着けてみてください。
ペンダントと仲良しになる事が、あなたの願いを叶える近道となるでしょう。

製作者が注文主の波動を遠隔で読み取り、オーダーメイドで製作する「サークルペンダント」と、具合の悪い家族や友人にも貸し借りのできる汎用性のある「ペンダントかぐや姫(一部、アセンションペンダントとしての商品名で発売)の2種類があります。