|FAQ

ミューアについてよくある質問とその答え (6)

Q1 BEPを埋設するとどのくらいの影響があるのでしょうか?

1本で数百メートルから数キロは影響すると言われています。
ただし、埋設する場所の条件によって異なります。埋設場所のまわりがビルやマンションに囲まれ、道路はアスファルト、送電線が多い(電磁波が飛び交う)等の環境ですと、波及効果は減少します。郊外の自然が多い埋設の1事例ですが、波動のわかるサイキックな方に見てもらったところ、4キロほど離れたところまで影響しているのがわかりました。ダウジング調査でも同じくらいの範囲に影響があることを示しました。

Q3 新しい土地に引っ越してきましたが、問題のある土地のようで、自殺や他殺などの事件を耳にします。家族も病気になり、自分も疲れが取れません。どのような施術がいいでしょうか?

問題のある土地というのは、周囲に事故・事件が起きやすい、病人が出やすい、地盤が弱くて災害に遭いやすい、霊障がある、眠れない、精神が不安定・・・等の現象で現れます。
そんな土地を施術する場合には、基本的な結界方法で、4本の施術をお勧めします。

1本からの場合は、まず、気になる場所(暗くて重たく感じる場所、古井戸があった場所、枯れ木が多い場所、送電線が近い場所、等)に施術してください。しばらくしてそこが改善されたと感じたら移動して結構です。

Q4 ペンダントかぐや姫とサークルペンダントで迷っています。お勧めはどちらですか?

ペンダントかぐや姫(=アセンションペンダント)は、特殊なコイルとブレンドした鉱物等の素材を樹脂で充填固定したペンダントで、発する強いエネルギーによって、生体電流等の身体バランスを取るように構成しています。

サークルペンダントは、チャクラに対応した鉱石をクリスタルと交互に配置し、チャクラに対応したエネルギーを発することによって、やさしく身体バランスを整えています。

もしご予算に問題がなければ、サークルペンダントをお勧めします。ユーザーさんひとりひとりの波動に合わせてつくるオリジナルのペンダントです。ミューア・ジャパンがダウジングでサークル内の6つの石を選びます。

どちらも、着けている方のチャクラを整え、本来もつエネルギーを助け、潜在的な能力を引き出すため、「願いを叶えるペンダント」「高次の自分とつながる(=アセンションする)ペンダント」として人気の商品です。

その他のペンダントとして、「邪気&嫉妬対応ペンダント」があります。ペンダントかぐや姫(=アセンションペンダント)に、人から受ける邪気や嫉妬の念などに対して対応できるようにアレンジした、お祓い効果のあるペンダントです。

Q5 ペリドットアースミューアと蓮の花ミューアの違いは?ヨガ教室をやっているのですが、どちらがお勧めですか?

ボディワークやセラピーなどの癒し系のお仕事されている方でしたら、癒し効果抜群の蓮の花ミューアをお勧めします。公共施設などの場所で使うために持ち運びができるものをお望みでしたら、ペリドットアースミューアを四隅に置くのをお勧めします。

Q6 オルゴナイトとミューアの違いはなんですか?

オルゴナイトは、オーストリア出身のウィルヘルム・ライヒ博士が発見した全ての物質、空間に存在する「オルゴンエネルギー」を発生させる、有機と無機の極シンプルな装置のことで、後世の発明家やアーティスト達が世界中で製作しています。

nazoKも同じような装置を開発研究していた経緯から、そのオルゴナイト製作の仲間たちとともにフォーラムに参加し、いろんなアイデアを出し合って、品質向上に務めてきました。

nazoKは、日本初のオルゴナイト研究開発者でもあります。

後に、オルゴナイトでは解決しない現象や、オルゴナイトのエネルギー不足で、改善できない点を改良するため、nazoK独自の科学的ノウハウや、精神的に及ぼす工夫をを加え、ミューアという装置を作り出しました。

ミューアには、オルゴナイトにも存在する、昔ながらの形状パワーを使っていますが、複数の金属、ブレンドした樹脂、鉱石の加工形態や有機変異体の組み合わせと、出来上がりの形状から得るエネルギーを利用しているシステムは、オルゴナイトにはない、ミューア独自のものになります。